美味しいごはんの記録

美味しかったお料理を忘れないように記録しておきます。

身も心も温まるほっこり優しい、ささみ出汁のフォー・ガー

f:id:agomaru2510:20201104111621j:plain

 温かい汁ものが恋しい季節ですね。本場ベトナムのフォー・ガーは、鶏ガラスープがベースになっているようですが、今回は、ささみでお出汁を取ってみました。当初、ささみでしっかりした出汁が取れるとは思っておらず、他の調味料を入れる予定だったのですが、途中で味見したところ、不要だということが分かりました。

 「なにも足さない。なにも引かない。」 

サントリーピュアモルトウイスキー山崎

ささみ出汁のほっこり優しい旨味と、白菜の自然な甘みで、身と心が温まる、ちょっと感動して泣きそうな(笑)一品になりました。

また、ビーフンは白米等に比べてGI値も低く、一人前50gほどでお腹いっぱいになりますので、GL値も23くらいです。意外とダイエットに向いている炭水化物と言えます(すぐにお腹空きますが・・)。しめの一杯としても、罪悪感なく頂くことができます(笑)

■ 材料(2人分) ■

  • フォー・・・100g ←センヤイ(太麺のビーフン)を使ってみました
  • ささみ・・・3本
  • 長ねぎの青い部分、生姜の皮、コリアンダーシード・・・適宜
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 水・・・600㏄
  • 白菜・・・1/8個
  • ミディトマト・・・1個
  • ナンプラー・・・大匙1
  • 黒胡椒・・・適宜
  • パクチー・・・適宜

  ■ 作り方 ■

  1. フォーはぬるま湯に浸して戻しておきます。時々かき混ぜて、くっつかないようにします。センヤイは異様にくっつきやすい!
    f:id:agomaru2510:20201104111834j:plain
    f:id:agomaru2510:20201104111849j:plain

     

  2. お鍋に水、長ねぎの青い部分、生姜の皮、コリアンダーシードを入れて沸騰させ、塩、ささみを加えて1分ほど煮ます。火を止めて蓋をし、余熱で5分ほど蒸らします。青ねぎ、生姜、コリアンダーは取り除き、ささみは粗熱が取れたら手でほぐします。
    余熱でささみに熱を通すことで、ふっくらささみに仕上がります。
    f:id:agomaru2510:20201104111949j:plain
    f:id:agomaru2510:20201104112008j:plain

     

  3. 2.の鍋を再び火にかけ、1㎝幅に切った白菜を加えて数分煮ます。ナンプラーで味付けし、1.のフォーと、1㎝角に切ったトマトを加え、再沸騰したら火を止めます。
  4. f:id:agomaru2510:20201104112038j:plain
    f:id:agomaru2510:20201104112053j:plain

     

  5. 器に盛って、お好みで黒胡椒をふります。ささみを乗せ、パクチーを散らします。
    f:id:agomaru2510:20201104112130j:plain

センヤイを使ったので、山梨名物「ほうとう」の様な食べ応えもある一品になりました。食べ過ぎ、飲み過ぎ、心身の調整にいかがでしょうか。