美味しいごはんの記録

美味しかったお料理を忘れないように記録しておきます。

イタリア人もびっくり!お箸でサルティンボッカ

f:id:agomaru2510:20201105104620j:plain

イタリアの郷土料理「サルティンボッカ」。仔羊肉や豚肉を生ハム・セージと一緒に焼くシンプルなお料理ですが、名前の由来のとおり、ぽんぽん勝手に口の中に飛び込んでくるような(サルティンボッカ=口に飛び込む)なんとも言えない美味しさです。

ただどうしても、頂くときにナイフとフォークが必要になってしまい、そうなると「宅飲み」のカジュアルさが失われてしまいます。そこで、「ひとくち」で食べられるように工夫してみました。

一口カツ用の豚モモ肉と、生ハムの代わりに、最初から綺麗な円形にスライスされたサラミを使ってみました。サラミにもともと入っている香辛料の風味も加わって、本来のサルティンボッカと風味は少し変わりますが、お箸で頂ける上に、お酒にとてもよく合う一品になりました。見た目何だかよく分からないので、あらかじめ、これはサルティンボッカだと、断っておいた方がよろしいかと思います 笑。

■ 材料 ■

  • 一口カツ用豚モモ肉・・・5切(150g)
  • ソフトサラミソーセージ(スライス)・・・5枚
  • セージの葉・・・5~6枚
  • 塩胡椒・・・ひとつまみ
  • 小麦粉・・・大匙1
  • オリーブオイル・・・小匙2
  • 白ワイン・・・大匙1
  • バター・・・5g

■ 作り方 ■

  1. 豚肉はラップで挟み、綿棒で厚さが均一になるよう、サラミの大きさくらいにまで伸ばします。肉叩きがあれば使ってください。
    両面に塩胡椒をふり、片面にセージの葉を刻んで散らします。
    セージの葉は大きかったので刻みましたが、そのまま乗せてもOKです。
    f:id:agomaru2510:20201105110828j:plain
    f:id:agomaru2510:20201105110850j:plain
  2. セージを散らした面に、サラミを貼りつけます。少し圧をかけるとくっつきます。
    サラミから大幅にはみ出した豚肉はハサミでカットして、小麦粉を両面にまぶします。茶こしを使うと、お肉をあまり動かさずに、満遍なく小麦粉がかかります。
    f:id:agomaru2510:20201105111125j:plain
    f:id:agomaru2510:20201105111139j:plain
  3. フライパンにオリーブオイルを熱し、2.をサラミの面が下になるように入れて焼きます。こんがり焼き色がついたら、裏返します。裏返した面も焼けた感じになったら、白ワインを回しかけ、フライパンを揺すりながらアルコールを飛ばします。
    f:id:agomaru2510:20201105111419j:plain
    f:id:agomaru2510:20201105111436j:plain
  4. お肉を取り出し、お皿に盛ります。そのままフライパンにバターを溶かし、鍋底にこびりついた焦げ(旨味)をそげ落としながら煮詰めてソースにし、お肉にかけます。

    f:id:agomaru2510:20201105111851j:plain

きっと陽気なイタリア人なら「Molt buono!!」と言ってくれると思います 笑。