美味しいごはんの記録

美味しかったお料理を忘れないように記録しておきます。

女子会の鉄板!!焼きパプリカと手作りツナのマリネ

f:id:agomaru2510:20201115202926j:plain

グラム100円台の安価なびんちょうまぐろのお刺身がときどき売られています。脂が乗っていて味はとても美味しいのですが、やたら筋がたくさんあったりして、家にある包丁で薄切りしようとすると、ネギトロ状態になってしまいます 笑。

そういうときは潔く諦めて、「ツナ」にしてしまいます。加熱すると筋はなくなってしまうので、缶詰では味わえない、ふんわりやわらか食感の「ツナ」を味わうことができます。まぐろのアラなどがあれば、そちらでもOKです。

焼いて甘さが増したパプリカと合わせると、シンプルなのに、女子ウケする超美味しい一品に。家飲みメニューの鉄板です!

 ■ 材料(3-4人分) ■

  • パプリカ(赤・黄)・・・各1個
  • 玉ねぎ・・・1/8個
  • 安価なびんちょうまぐろ・・・1/2冊
  • タイム、ローリエ・・・適宜
  • ニンニク・・・ひとかけ
  • オリーブオイル・・・100㏄

 〇白ワインビネガー・・・大匙1
 〇塩・・・小匙1/2
 〇オリーブオイル・・・小匙2

  • 黒胡椒・・・適宜

■ 作り方 ■

  1. びんちょうまぐろは両面に塩(分量外)をまぶしておきます。出てきた水気をキッチンペーパーで拭き取ります。

    f:id:agomaru2510:20201115204644j:plain

  2. 鍋にオリーブオイル、タイム、ローリエ、潰したニンニクを入れて弱火にかけます。いい香りが出てきたら、1.のまぐろを入れます。1分程したらまぐろを裏返し、火を止めます。お好みの加減でまぐろを取り出してください。
    レアなら5分くらい、ウェルダムなら20分くらいかな。
    f:id:agomaru2510:20201115204659j:plain
    f:id:agomaru2510:20201115204724j:plain
  3. 玉ねぎはみじん切りにします。パプリカは直火や網焼きで、表面が黒焦げになるように焼きます。ちょっと痛々しいけど・・

    f:id:agomaru2510:20201115204747j:plain

  4. 2.のまぐろの粗熱が取れたら、粗くほぐします(1/2量使用)。3.のパプリカは水にさらし、表面の焦げを指の腹でこすって取り除き、2㎝角にカットします。まぐろと玉ねぎ、パプリカを〇の調味料で和えます。2.で使用したタイムを加えてもOKです。
    f:id:agomaru2510:20201115204802j:plain
    f:id:agomaru2510:20201115204819j:plain
  5. 器に盛り、黒胡椒を散らします。

    f:id:agomaru2510:20201115204854j:plain

作り置きできるので、前菜やとりあえずの一品に是非!!