美味しいごはんの記録

美味しかったお料理を忘れないように記録しておきます。

かぼすバターソースが上品に香る、すずきのムニエル

f:id:agomaru2510:20201124101149j:plain

かぼすとかすだちとかゆずとか、日本の柑橘が好きです。レモンやライムの刺激的な酸味も好きですけれど(ライムはどうしてもテキーラロックの味に感じてしまう)、日本の柑橘は酸味が穏やかで上品な感じがします。防カビ剤も塗られていないので、皮まで美味しく頂けます。

かぼすバターソースは、上品な風味のすずきによく合いました。シンプルな材料(常備されているもの)で作れるのがお気に入りです。そして、切り身のお魚なら基本何でもいいので(笑)、本日特売のお魚でぜひお試しください。

■ 材料(2人分) ■

  • すずきの切り身・・・2切
  • 塩胡椒・・・適宜
  • 小麦粉・・・大匙1
  • オリーブオイル・・・小匙1
  • バター・・・小匙1/2×2
  • 白ワイン・・・大匙2
  • かぼす・・・1個 

■ 作り方 ■

  1. すずきは両面し塩胡椒をふっておきます。かぼすは果汁を絞り、皮の少量を粗く刻んでおきます。

    f:id:agomaru2510:20201124101211j:plain
    かぼすはすりおろしてふりかけてもOKです。

  2. フライパンにオリーブオイルとバターを熱します。すずきの両面に小麦粉をまぶして、皮面を下にして焼きます。
    f:id:agomaru2510:20201124101216j:plain
    f:id:agomaru2510:20201124101222j:plain

    強力粉があればそちらを使ってください。

  3. 焼き色がついたら裏返して、白ワインをふります。かぼす果汁を加えて、フライパンをゆすりながら、煮汁を絡めます。
    f:id:agomaru2510:20201124101200j:plain
    f:id:agomaru2510:20201124101206j:plain

    煮汁が乳化してとろみがつきます。バターを使っているので、テクニック要りません 笑。

  4. すずきを取り出したフライパンにバターを溶かし、煮汁と合わせて煮詰めソースにします。すずきの上にソースをかけ、かぼすの皮を散らします。

    f:id:agomaru2510:20201124101149j:plain
    つけあわせがダサすぎるな・・・

お洒落な盛り付けにしたかったですが、「THE 家庭の夕ご飯」になってしまいました。ふっくらしたすずきと、かぼすの上品な酸味がとてもよく合い、味はとても美味しかったです。