美味しいごはんの記録

美味しかったお料理を忘れないように記録しておきます。

美味しさにパクラー悶絶!パクチーと春キャベツの餃子

f:id:agomaru2510:20210119140701j:plain

パクチーとの最初の出会いは、20年以上前だと思います。オーストラリアの中華料理屋さんで火鍋の薬味として登場してきました。この美味しい葉っぱは何なんだ!と驚愕し、薬味なのに山盛り乗せてお鍋を食べたのを覚えています。

年齢とともに味覚も変化しますが、今でもパクチーは大好きです。でもとても人気者になりすぎて、値段がちょっと高価になってしまったのが少し残念です。サラダ感覚でモリモリ食べたいのに・・。

今回はパクチーを1袋だけ使って、柔らかくて甘い春キャベツと一緒に餃子にしました。最初にお伝えしておきますが、パクチーがお好きな方でしたら食べだしたら止まらなくなるので、くれぐれもご注意くださいね。 

■ 材料(3~4人分) ■

  • 餃子の皮・・・22枚
  • 鶏もも挽き肉・・・150g
  • パクチー・・・3本
  • 春キャベツ・・・1/8個
  • 玉ねぎ・・・1/4個←エシャロットがあればそちらをおすすめ
  • 塩レモン・・・1/8個分
  • にんにく・・・ひとかけ
  • オリーブオイル・・・適宜 

■ 作り方 ■

  1. キャベツは熱湯でさっと茹で、水気をしぼって粗く刻みます。玉ねぎ、塩レモン、パクチーはみじん切りにします。ニンニクはすりおろします。
    f:id:agomaru2510:20210119140717j:plain
    f:id:agomaru2510:20210119140722j:plain

    【重要】パクチーの根っこも刻んで加えます。

  2. 1.の材料を混ぜ合わせて、餃子の皮でつつみます。
    f:id:agomaru2510:20210119140727j:plain
    f:id:agomaru2510:20210119140732j:plain

    風車つつみ?で通常の餃子との見た目の差別化をはかります。

  3. オリーブオイルをひいたフライパンで焼きます。

    f:id:agomaru2510:20210119140655j:plain
    水を少量加え、蓋をして蒸し焼きにします。

  4. 見た目パクチーって分からないけど、パクチー餃子の完成です!

    f:id:agomaru2510:20210119140701j:plain

    断面もパクチーって言わないと分かりにくいけど・・

    f:id:agomaru2510:20210119140709j:plain

食べたら分かる!パクチー好きにはたまらない、とても美味しいパクチー餃子です。そのままでも美味しいけれど、「ナンプラー」や「レモスコ」をつけて食べるのもオススメです。